Header image  
   
 
   技術紹介へ戻る                   直交励磁型電流センサ
お問い合わせはこちらへ  
 

 

large product photo

large product photo

  原理・特徴

【構造】左の上の図が構造図である.容器の中央に励磁コイルを置き,磁性流体で充填する.そして容器を全周に渡って検出コイルで巻く.
【動作】左下のベクトル図は磁気コア内の任意の点の磁界と磁束のベクトルである.横軸はセンサの円周方向である.つまり励磁コイルの巻線方向である.縦軸は励磁コイルを巻線と直角方向である.
 被計測電流 Ix によって被計測磁界 Hx は生じる.その方向はベクトル図の横軸方向である.一方励磁磁界 He は励磁コイルを周回するのでベクトル図では縦軸方向である.コア内の磁界はHxとHeの合成であるが,合成された磁界の強さのHx方向成分はHeの大きさに無関係である.しかし,磁束に注目すると事情は違い,合成磁界 Hc が大きくなると,磁界の対する磁束の割合は一定ではなく小さくなるので,ベクトル図中の右の図のように,Heが大きくなった時の磁束のHx方向成分は小さくなる.つまりHeの変化とともにHx方向成分も変化する.検出コイルはHx方向とのみ鎖交しているので,この磁束の変化分だけが検出コイルに起電力を起こす.この起電力はHxと比例する.すなわちIxと比例するので電流を計測することができる.
 特徴は検出原理にあるのではなく,磁気コアが磁性流体であるのでヒステリシスがないと言うことである.その結果無電流時の再現性が優れているということに特徴がある.

 なお,この原理でもクランプ型を作ることができる.ただしクランプ型にすると性能が少し低下する.

 
 

 

large product photo   直流漏電センサ

 写真は漏電センサ用のものであり,0.1mA程度の分解能で計測できる.被計測電流は往路と復路が貫通してあり,その差分を計測している.負荷回路の突入電流がアンバランスになって瞬間的に数百アンペアの差分が生じても,ヒステリシスがないために,平衡状態に戻った後は,0.1mAの電流を計測できる.
 現在これを使った急速充電器用の漏電センサを開発している.
センサ部だけではなく,ケーシングやドライブ回路も完成している.

 関心のある方はお問い合わせください.

 

 
 
 
large product photo   予備
(ここに本文を入力)
 
 
 
large product photo   予備
(ここに本文を入力)

[PayPal Button Here]